最近注目されている散骨について

日本では一般的に人が亡くなれば、火葬をして遺骨をお墓の下に納骨します。またお墓を建てずに寺院の永代供養を利用される方も増えて来ました。



しかし最近ではこれらの方法以外にも、散骨と言った方法を選択される方が徐々に増えて来ました。
散骨とは遺骨をお墓に納めずに、海や山などの自然の中に撒くことを指します。

実施される理由としては、故人の希望で生前好きであった場所に遺骨を撒くケースがあったり、狭くて暗いお墓の下に納骨するよりも広い自然の中に遺骨を撒いてあげたいと考える人が増えてきた為です。

散骨は業者に依頼する方法もありますし、個人で行うことも可能です。

ただし個人レベルで行う場合も、厳粛な儀式であることには変わりありませんので、きちんと手順を追って行うことが大切です。まず関係する親族には必ず同意を得ることが必要です。

All About情報を探しましょう。

後々大きなトラブルに発展するケースもありますので、きちんと説明することが大切です。
特に年配の親族などは従来通りの納骨を希望されるケースが多いですので、事前の話し合いが必要です。


そして散骨する場所を決めますが、場所は故人に縁のある場所が良いです。

幾つかの候補地を挙げて、場所に関しても複数の親族で話し合いを行って決めた方が良いです。


知らなかったとか勝手に決められたと言ったことが、最もトラブルの原因になりますので、喪主であっても決して個人の独断で行わないことが重要です。



散骨するには遺骨を粉末化する必要がありますが、これは業者に依頼した方が良いです。

粉末化するような道具を持ち合わせていなケースも多いですし、自らの手で遺骨を粉末化することには抵抗を感じる人も多いです。