海洋葬って実際どうなのか

海や山といった自然に散骨する風習は広く認知されつつありますが、本当に大丈夫なのかなと不安になる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

海に散骨する海洋葬の場合、例えば不法投棄とみなされてしまうかもという不安や、どこでどんな風にまけばいいのかといった疑問が付きまといます。

まず、法的な観点において、海洋葬は違法ではありません。

ただし同時に、他者が不快に思ったり、公衆衛生上問題のない形にしたりすることが求められます。

例えばお骨を処理しないまま、明らかに人骨とわかるような形状のものをまいてしまうと、その後誰かが発見し騒動になってしまいかねません。また、人家や人から見えるような海域で、むやみやたらと散骨をするなどは控えるべきです。



現行法では自然に散骨するという行為を想定していないに過ぎず、節度を守らない行為を大勢の人が繰り返した場合、厳しい法整備がしかれてしまう恐れもありますので、個人の勝手であるといった傲慢な考え方は不適切です。
このため、海洋葬を行いたい場合は、専門業者に対応を依頼することが望ましいと考えられます。

ロケットニュース24に関するマニアックな情報をお届けします。

お骨をきちんとした形状に処理し、船などで散骨をしても不具合のない場所に連れて行ってくれるようなサービスを受けられます。



また、散骨時に故人を忍んで宗教的な儀式を取り入れる、あるいは好みの音楽を流しつつ散骨するといった、一般的な葬儀でも執り行うことを同時に実施できるケースもありますので、それぞれの特徴を踏まえて業者を選別するとよいでしょう。