永代供養のメリットとデメリット

永代供養とは、故人の子孫などの縁者に代わって寺が供養を行うことです。
ただし期間は永久ではなく、契約で33回忌、50回忌までなどと決めます。近年利用が増えている背景には、少子化や非婚化の進行があります。

供養してくれる子孫がいなかったり、いなくなる不安を抱えている人が少なくないからです。



納骨は寺により様々なタイプが用意されており、大きくは室内の専用施設に骨壺を収納する分骨タイプと、共同埋葬墓に合祀するタイプがあります。

こだわりの教えて!gooのお役立ちコンテンツ満載です。

また契約期間を過ぎた場合は、共同埋葬墓に移されるケースがほとんどです。



費用は供養期間と納骨のタイプで決定され、期間が長い分骨タイプが高額になります。

永代供養のメリットは、供養してくれる人がいなくなっても、安心して寺に任せられることです。
寺によっては葬儀社と提携し、本人に万一のことが起こった場合でも、滞りなく供養してくれるところもあります。


また宗教や宗派を問わない場合が多く、先祖代々の墓には入りたくない人や、従来の檀家制度から離れたい人のニーズを満たすこともできます。

さらに費用が一般的な墓よりも安価な点も見逃すことはできません。
一方永代供養のデメリットは、合祀された場合はお骨を取り出すことができないことが挙げられます。

親族がいる場合は事前に了承を得ておく必要があります。
また数十年単位では世の中が大きく変化するため、契約した寺自体が無くなる可能性もゼロではありません。

リスクを押さえた上での利用が望まれます。