永代供養墓という新しいお墓の在り方

自身が亡くなった後のこの世界の現実としてお墓があります。人間が息を引き取ると、取り残されたご家族、そしてご親族は故人のことを考えてお墓を立てなければいけません。

さらに、立ったお墓をきちんと運営し、周期的に供養することも必須になってきます。

ジョルダンニュース!の情報が満載です。

そういうふうな対応に向き合うコストと手間をできる範囲で少なく済ませておきたいとのニーズから、 ここにきて永代供養墓ということが根付いてきています。

プラスの面としてはまず、お墓を準備することからすると、費用が掛からないケースが多いといえます。



また永代で供養してくれるのでご親族がお墓を管理下に置くことが求められないですし、永代供養墓は交通アクセスが申し分ない場所に存在していることが多くあります。
マイナス面としましては、スタイルによってはひとたびお骨を収めると他の人のお骨と同時になり、再び取り出すことが不可能です。


さらに業者によって、永代供養と言いましても簡単な合祀だけ、というケースもあるみたいですので、前もってきちっと仕様を賛同して選択することが肝要です。
当然最も大きな点はコストと労力の問題だと考えられます。

合祀墓スタイルの永代供養墓では故人のお骨が第三者のお骨に連動してますので、 取り残された方の感情的な視点も少なくないです。



また、墓を管理していくという活動はもちろん手間と時間を必須としますが それと引き換えには故人と取り残された人々とのつながりを育て上げるという見方もできます。